資格対策講座


みんなのジュニアパソコン教室では、資格対策講座として

「P検対策講座」「MOSスペシャリスト対策講座」をご用意しております。


小学生・中学生にとってのパソコン資格取得とは

教室では、よく保護者さまに

「こどもの時からパソコンの資格を取る必要はないのでは・・?」

というご質問を受けることがあります。

 

将来就職に有利になるとは言っても、まだまだ先のことだし・・と

お考えの方は多いのではないでしょうか。

 

大人にとっての「パソコン資格を取得する目的」は、

 

   履歴書に書けるので就職や転職に有利になる

   資格を活かして職場で求められる人材になりたい

 

など、やはり「就職・仕事のため」という理由が大半です。


では、就職がまだまだずっと先にある小学生や中学生にとってその目的はどこにあるのでしょうか?



高度なスキルを習得していく「過程のひとつ」

私たちは、こどもの段階でP検やMOSといった

パソコン資格を取得することは、

 

パソコンに興味を持ち、基礎知識を身に付け、

高度なスキルを習得していく、その流れの中の「過程のひとつ」

 

と考えています。

 

また、ただ単に「パソコンを学ぶ」のではなく

「資格取得」があることでスキル以外の成長も得ることができます。


  ●合格を目指して努力する「目標意識」を持つ

  ●目標に向かって真剣に取り組み、諦めない姿勢や忍耐力が身に付く

  ●努力が実を結んだ時に得られる達成感や自信が次の目標を生む

 

こどもにとって資格取得を目指すことは、この先直面する受験、就職活動、また社会に出て生き抜くための力を身に付けるための、貴重な経験となるのではないでしょうか。


一生ものの「使える知識」を身につける

もちろん、資格取得で身に付けたスキルそのものも、

将来の大きな財産になります。

 

IT化が急速に進む今の時代、どんな業種・職種であっても

「パソコンを使わない仕事はない」といっても過言ではありません。

 

こどもの頃からパソコンに慣れ親しむことで

基礎力や勘が身に付いているので、例えば今後OSやOfficeのバージョンが新しく変わっても、それに順応する力も備わっているため、一生ものの「使える知識」となります。


ぜひ、資格取得も視野に入れ、パソコンを学ぶことをお勧めします。

インストラクター一同、全力でお子さまのスキル向上と成長をサポートいたします。


受講できるパソコンの資格について

<P検とは>

学生をはじめ、企業の中でICT(情報コミュニケーション技術)を

利用するエンドユーザー、さらには部門内で教育を担当するインストラクター、情報化推進リーダーまでを対象としたICT利活用能力を一貫して評価できる資格試験制度です。

 

<MOSとは>

ワードやエクセルなどのマイクロソフトオフィス製品の使用スキルを証明できる資格です。

学生から社会人まで幅広い層を対象とした資格です。 

アプリケーションを操作して解答する試験形式のため、試験対策を通じて実践的なスキルが身に付きます。


カリキュラム例

タイピング ローマ字入力に慣れるまでタイピングの練習
入門講座 ひらがな・漢字・カタカナ・数字・アルファベット・記号の入力、保存方法など
ワード① 文書作成・表紙の挿入・書式設定・配置・言語バーと辞書機能など
ワード② コピーと貼り付け・図形の挿入・テキストボックス・図・表作成など
エクセル① 表計算・住所録作成など
パソコン知識 コンピュータ知識、情報通信ネットワーク、情報モラルと情報セキュリティ、ICTを活用した問題解決
模擬試験 教室にて実際の試験と同じような流れ・形式で受講、間違った箇所や模擬試験は自信がつくまで受講可能

 

※資格対策講座は、通常と同じ料金体系で受講できます